30代 混合肌・しみ・そばかす対策

30代の混合肌・しみ・そばかす対策にはクレンジング、洗顔、そして保湿

人間の身体は25歳前後をピークに徐々に衰えていきます。それはお肌も同じで、肌のターンオーバーのスピードが落ちて、シミやくすみが消えにくくなる30代。お肌の保湿力も落ち、乾燥がはじまるため、乾燥肌とオイリー肌が混在した混合肌状態の人が多いです。

お肌が乾燥しはじめると、毛穴のたるみを感じるようになりますが、たるみ毛穴を放置しておくと、その後しわへと発展してしまいます。そのため、年齢を重ねても若々しいお肌を保ちたいのであれば、保湿を中心とした30代のスキンケアはとても重要です。

また、忘れてはいけないのは、お肌の老化減少を促すのは加齢だけではないということ。紫外線が与えるダメージや、睡眠不足、食生活の乱れ、飲酒、喫煙など、日常生活での悪い習慣もお肌の新陳代謝を鈍らせるのです。

30代のあなたは、お仕事や子育てに忙しくて身体に負荷をかけてしまっているかも知れません。ですが、今お肌を放置すると、この先の人生で後悔することになるかもしれません。

また、毎日しっかりスキンケアをしている方でも、そのやり方を間違ってしまっている30代の人は結構多いです。毎日やってるのにお肌が改善されないな、と感じている方は、40代、50代、60代になってもお肌にコンプレックスを感じないよう30代の今、ご自身のスキンケアを見直してみるといいでしょう。

間違いやすいスキンケアの見直しポイント

毎日きちんとスキンケアしているのに乾燥していて肌のハリ、ツヤも無いという30代の方によくある、スキンケアの間違いは次の2つです。

1.スキンケアの順番を間違っている
正しいスキンケアの順番は、
 (1)念入りなクレンジングでメイクを落とし
 (2)洗顔料でクレンジング剤の油分や界面活性剤をしっかり洗い流し
 (3)化粧水でたっぷりと水分を与えて、肌の栄養分を補充し
 (4)美容液でさらに保湿・必要成分を与え
 (5)最後に油分を含んだ乳液またはクリームで肌の水分、栄養分を逃がさないように蓋をする、
という順番です。ところが、クリームと美容液の順番が逆転している方が結構いらっしゃいます。クリームの後の美容液は、クリームの油分が顔の皮膚の上に膜を張り、蓋をしてしまった後に美容液を重ねることになります。それでは、必要な成分が充分に浸透することを妨げてしまうことになります。

2.基本に忠実なスキンケアをしていない
毎日スキンケアをしていても、やり方がおざなりになっていたり、自分のお肌に合わない化粧品を使っていたり...というパターンです。例えば、
 1.洗顔の時、洗い残しのないようゆるま湯でしっかり洗い取っていますか?
 2.化粧水は肌質と合っていますか?
 3.多く出してしまった乳液などを「もったいない」と容器に戻していませんか?
 4.スポンジやケア用品が、使用頻度が過ぎて劣化していませんか?
などなど様々なケースがあります。

しっかりお手入れすれば肌が応えてくれる30代。サントリーエファージュのクレンジングクリームや洗顔料は、洗い上がりがしっとりしていてるのにべとつきません。化粧水の浸透力も高く、30代の乾燥肌、混合肌の方にピッタリです。